コラム「心臓と脳」


不整脈4 不整脈の原因2016年2月15日

早期発見・適切な治療により不整脈重症化を予防

不整脈の原因は、大別してふたつあります。
① 心臓自体に異常がある。
② 心臓そのものではなく心筋の中の電気回路に異常がある。
の二つになります。それぞれの詳細は下記になります。

① 筋肉の一部が壊死する心筋梗塞や、心臓の血液が少なくなる狭心症などに罹患していると、心臓の筋肉にダメージを与え、その部分を通っている電気の回路に異常が起こります。
② 心臓に異常がないのに、電気回路に生まれつき異常があったり、障害があったりすると、不整脈が起こります。

特に、①の心臓自体に異常がある場合には、早期に発見し適切な治療を行うことで不整脈の重症化を予防することが可能なことがあります。そのためには、心エコー検査でのスクリーニングや心臓MRI検査で心臓の筋肉(心筋)の状態を詳しく調べることが必要です。心臓MRI検査は、心エコーでは見つけにくく、しばしば重篤な不整脈の原因となる肥大型心筋症、拡張型心筋症、不整脈源性右室心筋症、心臓サルコイドーシスなどの診断に有用です。

 

肥大型心筋症

拡張型心筋症

不整脈源性右室心筋症

電気回路の治療は、めざましく進歩して、現在では80%近くの症例が治せるようになりました。徐脈の場合は、ペースメーカーを体内に取り付けます。また、頻脈の場合はカテーテルから高周波を流して、原因となっている部分を焼いて治す(カテーテルアブレーション治療)ことが可能です。
最近では、加齢とともに心房細動を起こす人が非常に増えています。心房という心臓の頭側に位置する部屋から発生する電気が空回りして、脈が不規則に早くなりバラバラと打つ症状です。心房細動が続くと、左心房のなかに血栓ができやすくなり、それが脳に飛ぶと脳梗塞を起こす危険性があります。心房性(上室性)期外収縮の多い人や、心房の大きくなっている人に起こりやすく、高血圧の人には特に頻度が高いことが知られています。また、時々しか心房細動が起こらない発作性心房細動と常に心房細動である持続性心房細動の間で脳梗塞のリスクは変わらないというデータがあります。早期に検査して、心臓に負担をかける高血圧をきちんとコントロールすることで、心房細動の予防ひいては脳梗塞の予防を心がけることは重要です。
不整脈の気になる方は一度CVICにて心臓・脳ドックを受けられることをお勧めします。

続きを読む

Categories : 心臓と脳

Share (facebook)

不整脈3 不整脈の検査

検査入院などの必要のないホルター心電図とは

不整脈は心臓の電気の流れの乱れですので、電気の流れを検査する必要性があります。安静時の心電図検査が、最も一般的かつ有効な検査です(図1)。但し、安静時心電図は短時間しか記録しませんので、不整脈が検出できないことがあります。その場合には、24時間ホルター心電図検査が有用です(図2)。検査入院などの必要はなく、自宅や職場などの日常生活の中で24時間心電図の電極を体に装着して、小型のスマートフォンのようなものを携帯して記録させます。ホルター心電図により、不整脈の種類、数、発生時間、心拍数との関連などから、症状と一致して不整脈が出ているのか、最高・最低の心拍数まで知ることが出来ます。これらの情報から、生じている不整脈が治療必要かどうかの判定が可能です。また、既に治療中の不整脈の治療効果判定にも利用されます。ちなみに、ホルター心電図は、不整脈以外に狭心症の診断にも利用されています。24時間の労作や症状に伴う心電図の変化を見ることで、狭心症の診断をすることも可能です。

ホルター心電図

続きを読む

Categories : 心臓と脳

Share (facebook)

不整脈2 不整脈の症状

無症状でも重症の不整脈である場合も

不整脈の症状は、ドキドキという動悸が多いですが、チクチクする感じ、胸の詰まる感じなど様々です。突然の失神や意識消失などで倒れたりする場合にも、不整脈が原因である場合があります。一方で、全く無症状で、知らない間に不整脈が出ていることもあります。症状が無ければ軽症の不整脈というわけではなく、無症状でも重症の不整脈である場合があります。不整脈には、治療の必要なく全く問題とならない軽症のものから、脳梗塞の危険性を高めたり、生命の危険性のある重症のものまで様々です。不整脈と言われたら、どのようなタイプの不整脈であるかを検査することが必要です。

続きを読む

Categories : 心臓と脳

Share (facebook)

不整脈1 不整脈とは

規則正しいはずの心拍が、何らかの理由で乱れる不整脈

心臓は常に規則正しく拍動しており、これを心拍(シンパク)と言い、動脈に伝わると脈拍と言われます。1分間に拍動する数を心拍数(シンパクスウ)または脈拍数(ミャクハクスウ)と呼び、通常は両者一致していますが、不整脈では一致しないことがあります。正常健常人であれば毎分約50-100回程度です。毎分100回より早くなると頻脈、毎分50回より遅くなると徐脈と呼びます。規則正しいはずの心拍が、何らかの理由で乱れると不整脈と呼びます。大きく分けると、脈が早くなるタイプを頻脈性不整脈、遅くなるタイプを徐脈性不整脈と呼びます。また、心拍数が正常範囲の期外収縮という不整脈も存在します(図1)。頻脈は電気が異常に早く作られたり、電気の空回りが起こって、脈が早くなります。徐脈は心臓の中で電気がつくられなかったり、途中で止まったりして、脈が遅くなります。期外収縮は、本来電気が出てくる場所以外から電気が生じて起こり、脈が飛びます。他に電気の通り道に異常が生じる、右脚ブロック、左脚ブロックなどの心室内伝導障害と呼ばれる不整脈も存在します。

続きを読む

Categories : 心臓と脳

Share (facebook)

冠動脈石灰化5 冠動脈石灰化の治療法2015年10月28日

有酸素運動とバランスの取れた食事が重要

冠動脈石灰化を取り除く飲み薬は存在しません。一度血管に出来た冠動脈石灰化は、心臓カテーテル治療の際に、ロータブレータというダイヤモンドヘッドの高速回転するドリルで削らないと取れません。全ての冠動脈石灰化を取り除く必要性はありません。血液の通り道を邪魔しなければ(有意狭窄を生じていなければ)、積極的に取り除く必要性はありません。むしろ、動脈硬化の危険因子(糖尿病、高血圧、高脂血症、喫煙)に十分注意して、有酸素運動とバランスの取れた食事により、冠動脈石灰化を進行させないことが重要です。

続きを読む

Categories : 心臓と脳

Share (facebook)

フリーコール0800-9191810 受付 : 月~土 9:00~17:30 ご予約お申込みはこちら

基本的な知識から、ドックの比較について、ご不明な点はお問い合わせください。

ご都合の良い時間に、メールフォームからの問い合わせや申し込みもできます。
クリニックからの電話を希望の方も、こちらからお申し込みください。
メールによるお問い合わせは、ご連絡まで数日かかる場合がございます。
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。

Cvic.jp心臓ドック 大井町心臓クリニック 提携医療機関&推薦文 メディア紹介・著作 検査実績 CT・MRI検査を受けるときの注意 Heart Club

このページの先頭へ