Cvic.jp心臓ドック 大井町心臓クリニック 提携医療機関&推薦文 メディア紹介・著作 検査実績 CT・MRI検査を受けるときの注意

診療案内

診療科目:

循環器内科・放射線科

診療時間:

8:30~18:00

休診日:

不定休

問合せ・電話受付:

8:30~18:00

0800-9191810
03-5206-5956

CVICリーフレット

Heart Club

CVIC ドクターズ

●理事長 寺島 正浩 医師 からのご挨拶

心臓画像診断で心臓病の予防、早期発見に貢献する。夢は日本の医療技術を世界に。

理事長 寺島 正浩「一人でも多くの患者様に最新、最良の心臓画像診断を届けたい。」この想いを実現するために、東京の飯田橋に心臓特化型画像診断センター「心臓画像クリニック飯田橋」を開設することになりました。

心臓を撮影する画像診断の技術は、近年急速な進歩を遂げています。CTやMRIといった最新の画像診断の技術を用いて、被ばくや苦痛を最小限に抑えた検査が可能となって来ました。外来における短時間での検査で、冠動脈(心臓を取り巻く血管)を含む、心臓の立体的な撮影をおこなうことができます。従来は心電図やレントゲンに頼ってきた心臓検査が、CTやMRIを用いて、非常に少ない身体的負担で、心臓の正確な動きならびに3次元(3D)での形態が詳細に把握できるようになったのです。

心臓病の予防と早期発見のために、心臓画像診断には大きな可能性が秘められています。私は米国スタンフォード大学にて7年半に及ぶ心臓画像診断に関する臨床・研究に従事し、その可能性に大きな期待と確信を持っております。この度、その経験と研究成果を日本の医療に還元し、心臓画像診断の問題点を解決したいと考え帰国しました。実践の場として、日本初の、また世界でも珍しい心臓特化型画像センターを設立しました。日本の素晴らしい医療技術は、自信を持って海外にも展開できると信じています。幅広く多くの医療関係者の協力を仰ぎながら、「最新で最良の心臓画像診断を一人でも多くの患者様に提供する。」という目標を、世界に広げるという覚悟で努力して行きたいと思います。

・寺島 正浩 理事長 経歴

1993年
神戸大学医学部を卒業。神戸大学医学部附属病院、関連病院にて研修をおこなう。

1996年
神戸大学大学院医学研究科へ入学。循環器領域の中でも動脈硬化の基礎と臨床を結びつけるトランスレーショナルリサーチをおこなう。

2000年3月
医学博士号を取得。

2000年7月
米国スタンフォード大学循環器内科へ博士号取得後研究員として留学。心臓MRI、特に「MRIによる動脈硬化プラークイメージング」という新規テーマの研究をおこなう。

2001年12月
国立循環器病センター心臓血管内科スタッフ医師として帰国。

2003年5月
再度招聘により米国スタンフォード大学循環器内科に留学。心臓MRI研究室ディレクターとして、最新鋭の研究専用3テスラMRIを用いた心臓・血管MRI 、スタンフォード大学分子イメージングセンターでの動脈硬化の分子イメージング研究などの最先端の研究を手がける。

2008年
スタンフォード大学循環器内科で日本人初のファカルティ(正規教員)となる。

2009年8月
米国スタンフォード大学での7年半に及ぶ研究成果を日本の臨床現場に還元するために帰国。

2009年11月
心臓画像クリニック飯田橋を開院。

医学博士、循環器専門医、米国心臓病学会特別正会員(FACC)
招待講演80回(国内・海外)、原著論文34編 (英文)(2012年11月現在)

フリーコール0800-9191810 受付 : 月~土 8:30~18:00 ご予約お申込みはこちら

基本的な知識から、ドックの比較について、ご不明な点はお問い合わせください。

ご都合の良い時間に、メールフォームからの問い合わせや申し込みもできます。
クリニックからの電話を希望の方も、こちらからお申し込みください。
メールによるお問い合わせは、ご連絡まで数日かかる場合がございます。
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。


このページの先頭へ