Cvic.jp心臓ドック 大井町心臓クリニック 提携医療機関&推薦文 メディア紹介・著作 検査実績 CT・MRI検査を受けるときの注意

診療案内

診療科目:

循環器内科・放射線科

診療時間:

8:30~18:00

休診日:

不定休

問合せ・電話受付:

8:30~18:00

0800-9191810
03-5206-5956

CVICリーフレット

Heart Club

心臓画像診断とは

画像診断とは体の内部を撮影して異常がないかどうか診断する医療技術のことです。体に傷をつけたりすることがなく、ほとんど苦痛を伴わないため、ガンなどの腫瘍や、血管の閉塞、動脈瘤などの早期発見に有効です。なかでもCTやMRIを使った検査は、現在の医療現場で欠かせない重要な診断方法となっています。
特に近年の医療の進歩は、常に拍動しているため画像化が難しかった心臓を、立体的(3D)に動画で再現することができるようになり、高度な心臓画像診断と呼ばれています。

CT (Computed Tomography)
コンピュータ断層装置

X線を使って体の中を画像化する診断法です。さまざまな角度からX線を照射し得られたデータをコンピュータ解析して、体を輪切りにした断面を撮像します。この輪切り画像を積み重ねることで、臓器をあらゆる角度や方向から立体的に描出し、画面上で臓器を動かしたり、裏側や下からも見ることができ、動画も再現できます。

心臓CT検査でどんなことが分かるのか

心臓のCT検査では、冠動脈(心臓を取り巻く動脈)が細くなっている(狭窄)のがどの程度かをほぼ正確に診断することが可能です。また、大動脈瘤の大きさや破裂しやすいかどうかが分かります。狭窄部を拡げるステント留置、バイパス手術の経過をみるのにも最適です。

MRI (Magnetic Resonance Imaging)
磁気共鳴画像診断装置

磁気の力を利用して体の水素原子からの信号をコンピュータ解析して画像化する検査です。CTのようにX線被ばくがなく、造影剤を使わなくとも撮像できるため、定期的に検査することが大切な検診には最適な検査といえます。多くの撮影方法があり、立体画像や動画のほかにも、より詳細な心臓の画像を得ることができます。

心臓MRI検査でどんなことが分かるのか

造影剤を使わなくても、冠動脈(心臓を取り巻く動脈)の小さな病変を鮮明に描き出し、心臓内の血液の流れや心臓の壁の動き、ポンプ機能の状態がわかります。造影剤を使った検査をおこなえば、心筋のなかのごくわずかな心筋梗塞を見つけ出し、心筋の血流状態を画像化することも可能です。


CTとMRIはどこが違うの?

心臓MRIは全くの無症状であっても冠動脈病変の存在の有無を高確率で提供してくれることが最大の特徴です。心臓の動きや、血液の流れの情報も得ることができます。

一方、心臓CTは既知の冠動脈病変の診断に有用な一定レベル以上の高画質な詳細情報を高確率で提供してくれるのが特徴です。心臓CTは非常に簡便でさまざまな医療機関で実施されている有用な検査方法ですが、きれいな画像を撮るにはさまざまな創意工夫が必要です。また、エックス線被ばく、造影剤による身体へのリスクなどの問題があり、ちょっと不安だからという理由で検査を実施したい場合や、初期の兆候のはっきりしない段階での心臓CT検査は得られる情報よりもリスクの方が大きく、おすすめできません。

一方、心臓MRIは、撮影や解析技術が大変難しいため、残念ながら、どこの医療施設でも実施できるというものではありません。日々の診療の中で、さまざま経験を積み重ねている、しっかりとした技術を持つ医療施設を選ぶことが大切です。

CTとMRIにはそれぞれの特徴からメリットとデメリットが存在します。症状や病気の状態によっては両方を組み合わせることで高度な診断を実施することがあります。
フリーコール0800-9191810 受付 : 月~土 8:30~18:00 ご予約お申込みはこちら

基本的な知識から、ドックの比較について、ご不明な点はお問い合わせください。

ご都合の良い時間に、メールフォームからの問い合わせや申し込みもできます。
クリニックからの電話を希望の方も、こちらからお申し込みください。
メールによるお問い合わせは、ご連絡まで数日かかる場合がございます。
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。


このページの先頭へ