Cvic.jp心臓ドック 大井町心臓クリニック 三鷹心臓クリニック 仙川心臓クリニック 採用情報 心影国際医学映像中心 提携医療機関&推薦文 メディア紹介・著作 検査実績 CT・MRI検査を受けるときの注意

診療案内

診療科目:

循環器内科・放射線科

診療時間:

8:30~18:00

休診日:

不定休

問合せ・電話受付:

8:30~18:00

0800-9191810
03-5206-5956

CVICリーフレット

Heart Club

スタッフ 紹介

●医師の紹介

常勤医

高村 千智
髙村 千智

心臓画像クリニック飯田橋 院長

専門
循環器専門医 総合内科専門医
主な経歴
2002年 群馬大学医学部卒業
2004年 東京医科歯科大学循環器内科入局
    独立行政法人国立病院機構 災害医療センター
    循環器内科
2006年 武蔵野赤十字病院 循環器内科
2009年 秀和綜合病院 循環器内科
2013年 心臓画像クリニック飯田橋
2014年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
    博士号取得

近年の心臓画像診断、とくに心臓MRIの進歩には目を見張るものがあります。病気の早期発見や診断、リスク評価にも役立つとされています。医療側に多くの情報をもたらす画像診断ですが、患者さんにも大きなメリットがあります。それは病気が『目に見える』ことです。ご自身の病気の状態が『見える』ようになると、治療に対して実感をもって取り組むことができるのではないかと思います。
心臓の病気、とくに狭心症や心筋梗塞は男性の病気と思われがちですが、閉経後の女性にも増えてくる病気です。多くの女性は閉経前にはコレステロール値や血圧が低いので、自分は大丈夫と思っている方が多いのではないでしょうか。『目に見える』画像診断はセルフチェックにも役立ち、生活習慣を見直すきっかけにもなります。是非ご相談下さい。
東京医科歯科大学循環器内科に入局し、循環器診療に携わってまいりました。わかりやすい説明を心がけておりますので、ささいなことでもお気になさらずご質問ください。

伊藤 順子
伊藤 順子

医療法人社団CVIC 飯田橋心臓クリニック

専門
循環器専門医 総合内科専門医
主な経歴
2003年 長崎大学医学部を卒業。
    医師免許を取得。
    同年、国立病院機構災害医療センター
    研修医として勤務。
2005年 国立病院機構災害医療センター
    循環器科にて勤務。
2006年 静岡県立総合病院
    循環器科にて勤務。
2007年 国立病院機構災害医療センター
    循環器科にて勤務。
2014年 南多摩病院、
    たはらほほえみクリニック非常勤医師として勤務。
2015年 医療法人社団CVIC
    心臓画像クリニック飯田橋非常勤医師として勤務。
2017年 医療法人社団CVIC
    心臓画像クリニック飯田橋に勤務。

心臓クリニックと聞いて、皆さんが受診しようと考えるのはどのような時でしょうか。『心臓の病気』といっても、虚血性心疾患、不整脈、心筋症、弁膜症などその原因は多岐にわたり、また現れる症状も様々です。胸痛、動悸、息切れなど胸の辺りの症状だけでなく、めまい、失神、むくみなどの症状が心臓に起因する場合もあります。ご自身の抱えている症状が心臓に関連したものであるのかどうか、判断に悩まれる方もいらっしゃると思いますが、そのような場合でもまずはお気軽に当クリニックにご相談ください。
心臓のCT、MRI、超音波検査などの画像診断は、適切な診断と治療を行う上で私たち循環器医にとって重要な役割を果たすだけでなく、皆さんが病気をイメージして理解する上でも非常に有用です。当クリニックでは、この特色を生かして、致命的な心疾患を未然に防ぐために、そのリスク管理のために、またなにより皆様が気になる症状を解決していくために、お役にたてるように努力してまいります。よろしくお願いいたします。

高桑
高桑 蓉子

心臓画像クリニック飯田橋 循環器専門医

専門
循環器専門医
主な経歴
2006年 藤田保健衛生大学医学部卒業。医師免許取得
    同大学病院にて初期研修医として勤務開始
2008年3月 藤田保健衛生大学病院循環器内科入局
2008年4月 名古屋鉄道健康保険組合 名鉄病院にて勤務
2011年4月 藤田保健衛生大学病院にて勤務
2016年4月 医療法人社団哺育会 浅草病院にて勤務
医療法人社団CVIC 心臓画像クリニック飯田橋
非常勤医師として研修
2017年4月 医療法人社団CVIC 大井町心臓クリニック院長

私は、今まで循環器内科医として大学病院、市中病院での臨床に携わってまいりました。大学病院では、心臓サルコイドーシスや肥大型心筋症、肺動脈性肺高血圧症などの患者様の検査や治療を行ってきました。その中で、患者様にどれだけご自身の病気をご理解いただくかが治療にとって重要だと思うようになりました。画像をご覧になることは、長時間の説明を聞くよりもずっとわかりやすいと思います。狭心症を疑った場合、心臓CTは、いまや必須の検査です。冠動脈の狭窄程度に加えて、プラーク性状、冠動脈全体の形態などを把握することは、心臓カテーテル治療を行う医師にとってより安全かつ確実な血行再建を可能にします。造影心臓MRIは、心筋の性状を把握し、その後の経過のリスク評価にも役立つとされます。患者様に画像をご覧になっていただき理解を深めていただいたうえで、よりよい治療経過となることを願って診療に当たらせていただきます。宜しくお願いいたします。

佐藤 万基人
佐藤 万基人

心臓画像クリニック飯田橋 循環器専門医

専門
循環器専門医
主な経歴
2007年3月 筑波大学医学専門学群医学類を卒業。
医師免許を取得。
2007年4月 公立富岡総合病院にて初期研修医として勤務開始。
2009年4月 済生会前橋病院 循環器内科
(群馬大学 臓器病態内科学 入局)。
2010年4月 深谷赤十字病院 内科にて勤務。
2012年4月 館林厚生病院 内科にて勤務。
2014年4月 群馬大学 循環器内科 医員として勤務。
2016年4月 群馬大学 循環器内科 助教として勤務。
2018年3月 群馬大学 大学院 医学系研究科卒業。
2018年4月 医療法人社団CVIC 大井町心臓クリニック常勤医 として勤務。

昨日まで元気だった人が急に倒れ、命の危険にさらされてしまう。心臓の病気の怖いところはそこだと思います。 適正なリスク評価のもと、心臓画像診断がタイムリーに行われることで、病気を早期に発見し、心筋梗塞の不幸に見舞われる方を減らせるのではないかと考えております。一方で、心筋梗塞のリスクの低い方へ、画像所見を分かりやすく説明し、ご安心いただくことも重要な仕事だと思います。 私はこれまで群馬大学病院および関連病院にて、一般内科、循環器内科(カテーテル・心筋シンチ・冠動脈CT・心臓MRIを含む)の研鑽を積んでまいりました。 これまでの経験を活かし、心臓画像情報を患者さんに最大限還元できるように、努力していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

●技師の紹介

稲本 英樹
稲本 英樹(技師長:診療放射線技師)

心電図だけでは分からない心臓の病変を、できる限り早期に発見するように心がけています。

フリーコール0800-9191810 受付 : 月~土 8:30~18:00 ご予約お申込みはこちら

基本的な知識から、ドックの比較について、ご不明な点はお問い合わせください。

ご都合の良い時間に、メールフォームからの問い合わせや申し込みもできます。
クリニックからの電話を希望の方も、こちらからお申し込みください。
メールによるお問い合わせは、ご連絡まで数日かかる場合がございます。
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。


このページの先頭へ